• 東京・中目黒のリノベーションデザイン会社
    • Facebook
    • Twitter
    • Instagram
    • Pinterest
  • SOCIAL

FG MAGAZINE

お客様インタビュー / 中野区・T邸

中野区 T様邸リノベーションインタビュー

こんにちは。ゆーこです。

第3回目のインタビューは、物件購入からリノベーションまでワンストップでお手伝いさせていただきましたT様です。
竣工は2016年7月。 1年ちょっと経ち、リノベーション後の暮らしはどうでしょうか? 早速拝見させていただきます!

ストレスからの解放がリノベーションでできること

小雨降る秋の午後。 駅からすぐの築34年のちょっと個性的なマンション。 周りは静かな住宅街です。
玄関を入るとまず目の前にあるガラスの内窓の効果で、明るく広々した空間が目に映りました。
オープンのシューズラックには、靴磨きが趣味だという旦那様の素敵な革靴たちがずらりと並びます。 扉の幅しかなかった玄関を、とにかくできる限り広く!狭い&暗いを見事に払拭。
玄関の床はモルタル仕上げにし、右側の小部屋へひと続きにすることで、ベビーカーや自転車をさっと寄せることができるようにしました。 今までベビーカーで苦労していたので、かなりのストレス軽減になったそうです。
キッチンの間口は広くして、お子さんの様子が伺えるように変更。安心感が生まれました。 見せたくなかった洗濯機は扉の中に収納してしまい、すっきりきれいが常に保てるように。
壁を取り払った部分にキッチン作業台を造作。「大正解!」
トイレと洗面室の場所を入れ替え、狭い洗面室もゆったり動けるようになりました。
玄関の右手にある小部屋にも、ガラスの内窓をつけリビングが見えるように。
DIY好きな奥様がワークデスクを作り、お仕事をしながら娘さんの様子をこの窓から伺えるようにするという設定だそうです。
他にもお部屋のあちこちに奥様の手作りの棚が取り付けられていました。
寝室の壁と床全てはご夫婦のDIY塗装。 大変だったけどいい思い出になったそうです。
T様がお写真をくださいました。Rちゃんも養生のお手伝い!
ご自分たちで作り上げたことでDIYを意識するようになったし、何よりも家が心地いいとのこと。これぞDIYの醍醐味ですね。



さて、撮影も終え本題のインタビューです。

自分らしい暮らしを求めて

★物件探しはどうでしたか?

「物件探しの基準は広さとか築年数とか色々あると思うのですが、何を大事にするかというところも不動産担当の鹿島さんは親身に相談に乗ってくれて。結局我々にとって1番大事なのは、「場所」という結論を出し、それからは場所を絞って探したのであっという間に決まりましたね。ここを内覧した時に妻が南向きで光がたくさん入るので直感で気に入って。僕はちょっと広さで迷ったんですが、ベランダを含めれば広さも感じられたのですぐに決めました。でも一般的にはリフォーム済みのマンションばかりで探すのは大変だなとは思いました。結局ここもリフォーム済みだったのを壊してしまいましたが。」


★リノベーションのきっかけは何ですか?

「最初はリノベーションのことを知らなかったので、新築のマンションを見に行ったりもしていたのですが、何かこうじゃないなと思って。子供が産まれる前に妻がリノベーションというものがあると聞き、リノベーションとは何ぞやから始まり、そこから色々調べていく中でリノベーション物件を見るバスツアーを見つけ面白そうだから参加してみたんです。そこで外見の古いマンションでも内装がすごくカッコよくなっていて、こんなに変わるんだ、リノベーションてすごいなと。リノベーションのことを知ってからはもう、自分好みにできるのでリノベーションしかないなと。」


★フィールドガレージを選んだ理由は?

「子供が産まれる前に、何度か物件探しに行ったのですが決め手がなく、そうこうしているうちに子供が生まれ、一時中断しました。でもその頃からフィールドガレージの施工例を雑誌で見ていて、妻が鉄とか木とか、無骨な感じが好きだったんですね。僕はイギリスの靴とかが好きなんですが、黒いアイアンの枠とかそういうのがすごくイギリスっぽい感じがして好みでした。」


★どんなおうちにしたかったんですか?

「とにかく玄関を大きくしたかった。趣味の靴を磨くスペースが欲しくて。 あとは玄関から横に抜ける土間を作り、ベビーカーのストレスを無くしたかった。 全て叶いましたね。」

終の住処にしないという考え方

★家族3人で54平米でいけるかなという決断は?

「以前の家も同じくらいだったので大丈夫かなと。あと、立地優先で購入したので将来的には貸せるかなという考えがあります。狭くても資産として持っておく価値はあります。50平米台はファミリーだと抵抗感があるかもしれませんが、終の住処という考え方はしなかったんです。子どもたちが大きくなったらここを貸して別に探せばいいですし。広ければ広いほどいいのかもしれませんが、そうなるともっとやりたいことが増えるしお金もかかったでしょう。欲を出したらきりがない。コンパクトな分、喧嘩しても嫌が応でも顔を合わせるのでコミュニケーションスキルも上がるし、DIYもできるサイズ感だし、これくらいの広さが今の我々にとってはベストかな。自分の部屋が欲しいと思った時もあるけど・・・まあいらないかなと思います。」


★フィールドガレージのサービスはいかがでしたか?

「イメージを形にしてくれて感謝しています。細かい指示は一切せずイメージだけで伝えてもきちんとその通りのものを提案してくれて信頼できました。毎回の打ち合わせも楽しかったです。自分で建具を探そうとした時もオススメの店を教えてくれたりして助かりました。塗装のDIYも勧めてくれて、全部は無理だけどひと部屋だけならできますよと言われ、やり方を教わり道具もお借りして何週間かでやりきりました。養生が大変で!本当にいい思い出になりました。 あと、本当は最初リノベーションをするならお風呂を広くするというのが希望だったんです。が、たった10センチ広げることで壁を壊さないといけないし相当な費用がかかってしまうということだったので原さんに止められました。(笑)最後まで悩みましたが、言うことを聞いて正解でした。(すみません汗・・・by原)」


★DIY大好きな奥様、最後に一言お願いします。

「旦那さんに楽しい1番いいおもちゃを買っていただいた感じです(笑)あれをするぞこれをするぞとホームセンターにつき合わせたり。リノベーション後は自分で作って考えることができるようになりました。塗装しみて多少ヒビが入ったり失敗してもまた塗ればいい。子供が大きくなったらこれを壊して次にこうすればいい。こういうことを考えたり作ったりすることが自分は大好きなんだと気付きましたね。賃貸だと壊せないし変えることもできないけれど、中古物件を購入しリノベーションすることで、また少しづつ手を加えられる楽しみができました。」
IY好きな奥様のお腹にはbabyが!近く出産予定というタイミングで伺ってしまいましたが快く引き受けてくださりありがとうございました。 4人家族になった後のT様の暮らしが今後も楽しみです。

▽T様邸 竣工写真はこちら
https://www.fieldgarage.com/portfolio/71