• 東京・中目黒のリノベーションデザイン会社
    • Facebook
    • Twitter
    • Instagram
    • YouTube
    • Pinterest
  • SOCIAL

団地リノベ@富士見台

こんにちは。
6月に入りましたが、ここんとこ暑いですね…
暑いと体力も根こそぎもってかれますが、その分仕事後のビールは格別です。
前置きはさておき団地リノベが始まりました。
最近なにかと人気な団地ですが、マンションに比べて難しいところや注意しなくちゃいけないところが少しでもブログを通して伝えられたらと思います。
躯体や配管の関係で、なかなか水廻りを動かせないのが団地の難しいところなのですが、今回は色々な工夫をしながら水廻りをデザインしていきます。
まずは解体を行いました。
部屋の真ん中に躯体壁と大きな梁があります。

続いて水廻りです。
お風呂も躯体に囲われていて、洗面とトイレの排水管は室内露出になっています。

団地の北側は結露しやすいことからこのようにカビが発生しやすいです。
ここの壁は元々収納があったところなので特に発生しやすい箇所です。
そういうこともありまして解体で床を剥がしてみると炭が敷いてありました。
ここは工事の中で色々と対策していきます。

最後にバルコニーから見た写真です。
団地の良さの1つですね。

最近だとこのスペースを使って増築をしたりする事例がありますが、
僕個人としてはぜひとも残していってもらいたい。
増築をしなくても今のスペースを有効に使えば、家族でも問題なく住めるというのを今回のお部屋で提案できればと思います。
イマイ

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment