こんにちは!ゆーこです。
私は普段、経理の仕事をメインにやっているのでお客様と直接お会いできないのですが、これからは竣工後お宅訪問インタビューのお仕事もさせていただく事にしました!
今日は、第一弾として、今年1月に竣工した横浜市のI様のお宅にお邪魔させていただき、アフターアフターの撮影とインタビューをさせていただきましたのでその様子をお伝えしたいと思います!
I邸は静かな住宅街の中にある芝生のお庭付き戸建。
昭和50年代の木造瓦葺二階建ての、主に一階部分をリノベーションしたお宅です。
出迎えてくださったのはヘアスタイルもファッションもおしゃれな奥様。
これはもうインテリアも絶対おしゃれに決まってます!
ワクワクしながら玄関を入ると、ガラスの扉越しに見える広々とした明るいリビング&ダイニング。
全体的に黒・白・木の色ですっきりした印象のナチュラルモダンなインテリアです。
壁面の一部に無骨なグレーの天然石を使うことで、お部屋の印象がグレードアップしています。
床はナラの無垢フローリング。本物の素材の良さが存分に発揮されており、「サラサラで気持ちいいんです〜♪」と笑顔の奥様。
飾ってある絵や小物も配色が完璧。
ワークデスクの上の茶色い木の小引き出しBOXも、きちんとお部屋に合わせた色にご自分でペイントしたそう。
そして特筆すべきは収納のすばらしさ!
小さなお子様が二人いるとは思えないほど綺麗に整理整頓されています。
ごちゃごちゃになりがちなオモチャもすっきり収められ、浴室まわりやワークデスクまわりの書類や身の回りのものがカテゴリ別にラベル付きの収納BOXにきちんと納められ、子供たちもわかりやすいように用意されていました。
奥様は謙遜されて今日は特別とおっしゃっていましたが、ここまでしっかりこれはここだよと場所が決まっていればご家族みんなが迷う事なく物の出し入れが出来て、どんな時でもキレイが保てているのだと思いました。
なかなかここまで徹底的にできる人はいないのでは?
うーむ。見習わないと!!
さて、本題のインタビューです。
★リノベーションのきっかけは?
「結婚後子どもも出来て、実家の近くで物件を探しました。実は最初は新築しようと思っていたんです。でも色々とお財布の問題もあり、上物の建物の状態が良かったので、リノベーションでもいいかなと。」
★フィールドガレージを選んだ理由とは?
「最初からフィールドガレージ1本で決めていました。
地元の工務店に声をかけたこともあったのですが、こちらの希望の素材でこういう風に作りたいと伝えてもなかなか話が通じなくて・・・。
これはもう、素材とかがきちんと分かるところにお願いしないとダメだなと。
で、ピンタレストを見ていたら私好みの感じがフィールドガレージだったんです。特に石を使った仕上げの施工例でピンときました。」
★希望は叶いましたか?
「はい。とにかく素材にこだわりたかったので、色々な素材を選ばせてもらい思い通りにできました。」
★リノベーションをやって良かったことは?
「満足度が違います。リノベーションで少し希望の素材に変えただけでここまで出来るとは!」
★リノベーション後の暮らしは変わりましたか?
「いつもきれいにしよう、保とう、と頑張っています。家に帰るのも楽しくなりました。」
★フィールドガレージのサービスはいかがでしたか?
「素材のことなど私の希望をきちんと汲み取ってもらえたのがうれしかったです。
あと、リビングとダイニングの壁を取り払って広くしたいという希望に対して、それを出来るように何とかあれこれ工夫して案を出してくれたのはフィールドガレージだけでした。
ダイニングの床も塩ビでいいかなと半ば諦めていましたが、絶対タイルにしたほうがいいと勧めてくれて、実際やって本当に良かったと思っています。意向を汲んで的確なアドバイスをしてくれると思いました。」
お話を伺っていて、きちんとコミュニケーションが取れご希望の設計をするお手伝いができたのかなとホッとした思いでした。
ご満足いただけたようで本当に良かったです。
お庭に面した明るく広々したリビング&ダイニングは、奥様の希望が実現できた証なんですね。
中学生の頃から模様替えが大好きだったというインテリア好きの奥様。
かわいいお子さまたちの成長と共に、もっともっと素敵におうちを進化させていくんでしょうね。
今後もとっても楽しみです。
お休みのところお時間頂き本当にありがとうございました!
幸せいっぱいで楽しく暮らす様子を見せてくださったI様ファミリーでした。
photo:HARA
text:YUKO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。